神待ちの意味

神待ちとは 神待ちとは、簡単に言うと「家出をしている女」や「お金持ちのおじさんにおごってもらう女性」をさします。

神とは、リッチで食事をご馳走してくれたり、物を買ってくれたりお小遣いをくれたりする男性の事です。神と待つ女…神待ちとは援助交際に近いニュアンスで使われます。

写真が汚ギャルです

神待ちが流行したのは7,8年前の渋谷で当時は汚ギャルと言われる汚いギャルが生み出した言葉です。

汚ギャルは神奈川県や埼玉県、千葉県、群馬県など都心から離れた場所から渋谷に集まり何日も家に帰らずに遊び続けているような女性で、当然、お風呂にも入らない女性が殆どです。

数日も遊び続ければお小遣いも無くなるので、そこでプチワリと言われる援助交際に近い方法でゆとりのあるサラリーマンなどに「飯をおごってくれるならデートするよ」などと誘惑していました。当日のカラオケに一緒に行ったり、居酒屋でおごってもらう程度で性交渉は無かったようです。

こういった神待ちが増えると、これを標的にする輩が当然出てきました。昔のチーマー上がりの不良サラリーマンなどが居酒屋などで飲み物代程度をおごり彼女達を酔わせてホテルに連れ込んだりして性的な遊びへと変化していきます。


神待ちの意味 

徐々に神待ちは援交娘に意味合いが変わり、「ホテル代別で2万円で…」と、援助交際のような形に変わっていきました。

2007年ぐらいになると神待ちの意味が更に変わります。この頃からネットカフェ難民が増えて家に帰らずに遊び続けるギャルが渋谷に増えだします。彼女達は見知らぬ男性の部屋に泊めさせてもらい、家を貸す人を泊め男とを呼びます。

神待ちが集うサイト
彼女達と泊め男をセッティングしていたのが当時流行っていたインターネットの掲示板でスタービーチ(現在は閉鎖)やイクヨクルヨ(有料)が代表的でした。又、CGMと言われるプロフと日記が融合した無料のサービスなども頻繁に使われ家出プロフ(現在は閉鎖)と言われるネットのサイトも現れてきました。

続いて現れたのがmixi(SNS)内のコミュニティで「携帯電話が鳴りません」というコーナーも泊め男や神待ちのたまり場となります。特に多いエリアは都内では渋谷や池袋、新宿、日暮里、五反田で神奈川県の横浜市の書込みも多かったようです。大阪府や愛知県の名古屋市でもSNSの普及により神待ちが増えたようです。

2008年には出会い系サイト規正法が改正さらた事で無料のサイトはサービスを終了しています。強引に運営を続けていたサイトでは隠語が使われるようになります。「泊めて上げたり泊まったり」というコーナーで旅行コミュニティのような形で活動していたようですが、現在は閉鎖されています。

現在では下記のサイトで泊め男と神待ちが集まっています。有料で会員登録の際には年齢確認が義務付けられているので18歳未満は利用ができない状況です。現在はアイドルの追っかけの女性が全国を飛び回る際に神待ちと証して見知らぬ男性の部屋を借りるなどブームになっています。

ハッピーメール
ポイント制の会員制サイトなので女性や男性の質が高く安心できます。 掲示板への書き込み方法は「泊め男を探してます」っていった書き込みも神待ちです。

神待ちが多いエリア
東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、大阪、愛知、広島、静岡、岡山、仙台、札幌、福岡

2011年までは都心を中心に神待ちが流行っていましたが、2011年になると地方でも神待ちブームが到来し、流行しているそうです。特に岡山エリアは家出掲示板が流行り事件も多発。児童買春の事件が全国でワースト1位の福岡県も神待ちという隠語を用いたかたちで援交が流行っているそうです。


人気の神待ち記事一覧


ご利用にあたり

注意事項
神待ちを探す人に注意して欲しいのは18歳未満の方の利用はできません。また、18歳未満の女性がいた場合は会う事は絶対しないで下さい。 または掲示板の管理者に通報するなど宜しくお願いします。
サイトの説明
当サイトは風俗が嫌いな100%素人の女が大好きな皆さんのために作成した神待ち情報サイトです。ナンパやネトナンの攻略なども掲載しています。 画像の転載は一切行わないで下さい。固く禁じてます。
ページのトップへ戻る